SE(システムエンジニア)としての出世を夢見るなら、キャリアパスの構成が不可欠です。しかしキャリアパス自体の意味を知らず、SEとしてどのようにキャリアを作っていけばよいか悩む人もいるでしょう。

そこで今回は、これからSEの仕事を始めたいと考えている人のために、SEのキャリアパスの定義と具体例4つを解説します。これを読めばSEのキャリアパスの全体像をつかめます。

そもそもキャリアパスとは何か?

キャリアパスとは、目当ての職務に就くためのプロセスという意味で、いわゆる企業内の出世ルートです。自身が夢見ていた仕事につくために必要な経験やスキルを分析し、ひととおりそろえられるまでのプロセスや期間などがキャリアパスを構成します。

近年はIT業界でも、人材育成のルールの中でキャリアパス制度ができるケースが多くなりました。企業側が示したキャリアパスを見れば、自身が希望の職務につくために必要な仕事だけでなく、その仕事をどれだけの期間務めればよいかがわかります。

キャリアパスからは、仕事内容だけでなく、必要なスキルや希望の仕事への応募方法などもわかります。SEにとっても、目標達成までのプロセスを知るうえで大切な制度です。 

キャリアパスの例1: IT業界のプロジェクトマネージャー

IT業界のプロジェクトマネージャーは、SEが目指すスタンダードなキャリアパスです。プログラマーから始まり、システムエンジニアになった後で、プロジェクトのリーダー経験を重ねたあとで、マネージャーに昇進することが主流のルートです。 

プロジェクトマネージャーはリーダーシップを発揮したい人におすすめですが、そこまでたどりつくにはシステムの専門知識に限らず、社内の仕事をスムーズに進めるためのコミュニケーション能力も大切です。

システムエンジニアの仕事を行っているうちに、顧客の満足度を上げる努力や、上質な商品を仕上げるための提案力を磨いておきましょう。 

プロジェクトマネージャーを務めるには、コストや人員の管理、定例会議の開催など、技術以外の仕事も多数マスターする必要があります。仕事を円滑に進めるための職場環境改善の方法などをリサーチする力も重要でしょう。

キャリアパスの例2: IoTエンジニア

IoTとは「モノのインターネット化」という意味です。特定のモノをインターネットへの接続を通し、遠隔操作を行ったり、モノにデータを集めさせたりします。これにより、モノを使った生活や仕事の効率化が狙えます。 

インターネットの要素が絡んでいるため、IoTエンジニアは今後需要が大きくなる見通しであり、この仕事に憧れる人もいるでしょう。必要なスキルとして、プログラミング、ハードウェア、ネットワークなどの応用知識が大切であり、SEのうちにマスターしたいところです。

ハッキングなどの事態を防ぐためのセキュリティ組み込み開発も必須と言えます。ほかにも人工知能を意味するAIやビッグデータ、近年暗号資産などで話題のブロックチェーンに対する熟知も重要です。 

キャリアパスの例3: AIエンジニア

AIは近年話題の人工知能です。ディープラーニングなどで機械にデータなどを学習させ、自動での対応を可能とします。最近はAIでできた歌手やオセロプレイヤーなどが話題となるなど、さまざまな業界がAIに注目しています。

求められるスキルとしてソフトウェア開発への熟知は重要事項です。プログラミングに関してもPythonやJava、C言語など複数のジャンルのマスターが望ましいと言えます。数学に関する深い知識やデータ解析能力の向上への意識も大切です。

AI開発ではフレームワークを多用するので、TensorFlowやKerasのマスターも重要と言えます。AIはニュースなどで話題になりやすいので、時事情報を積極的に集め、分析する習慣も身につけたいところです。 

キャリアパスの例4: ITコンサルタント

ITコンサルタントは企業の経営プランに基づいた売上アップの戦略や、職場環境の改善などに提案を行うなど、ITに関わる人たちのワークサポートを行います。

IT業界の仕事内容は複雑なものが多く、多くの関係者が悩みを抱えています。コンサルタントの適切なサポートにより、職場環境が改善したり、それまで遅々として進まなかった仕事がスムーズになったりすることは重要と言えます。

システムエンジニアとしての目の前の仕事をこなすだけで満足するだけでは、コンサルタントととしてのスキルは身につきません。顧客と社員の関係性や職場の状況などを、仕事の合間のわずかな時間を使ってでもリサーチする習慣が大切です。

プロジェクト会議における自身の提案だけでなく、他人の意見にも耳を傾け、落としどころを見つける努力も身につけましょう。顧客とのコミュニケーションを通し、ニーズに応えたり、自身の負担がかかりすぎない条件で納期やコストをコントロールしたりする方法も日々研究することが賢明です。 

提案力や研究力を中心に、仕事で必要な諸要素の向上が、ITコンサルタントへの出世のカギと言えます。

まとめ

SEのキャリアパスどおりの出世実現には、さまざまなスキルの上達などの準備が必要です。しかしいっぺんに多くをマスターしようとすると精神的な負担が大きくなりかねません。ひとつひとつを着実にクリアしていく意識が大切です。

現時点からスキルをクリアする順番とそれぞれの上達に使う期間を決めていき、目標達成に向かって努力を重ねることがキャリアパスのポイントと言えるでしょう。

プログラミング力よりも必要なスキル

SEといえば、プログラミングをイメージする人も多いですが、必要なものはそれだけではありません。むしろプログラミング力よりも必要なものがたくさんあり、自分のエンジニアとしての価値を高める上で必要になってきます。

IT業界で必要なスキル プログラミング力よりもっと必要な3つのこと