Excelで切り上げ/切り捨て/四捨五入を行う関数(ROUND関数とその仲間)で紹介したROUND(UP/DOWN)関数では、数値の四捨五入や切り上げ/切り捨てを行うことができましたが、「500円単位にする」といったことはできません。

今回は、飲み会などで便利な、「500円単位で切り上げ/切り捨て/四捨五入」ができる関数を紹介したいと思います。もちろん500円単位だけではなく、2,000円単位や5,000円単位など、すべての単位での丸めが可能になります。

※今回の説明では、すべて「500円単位」に丸めることを例にして紹介します。2000などほかの数値にする場合は、適宜読み替えてください。

使用する関数は、MROUND関数、CEILING関数、FLOOR関数です。

  • MROUND関数:500円単位に丸める
  • CEILING関数:500円単位に切り上げる
  • FLOOR関数:500円単位に切り捨てる

MROUND関数の使い方

関数の書き方は以下の通りです。

=MROUND(丸めたい対象の数値, 丸める単位)

Excelで500円単位で丸めるMROUND関数

「丸めたい対象の数値」は、ほとんどの場合は、「数値が含まれているセル」が対象になります。今回の場合は、丸めたい数値がA2に存在するので、A2と指定します。

もちろん、「=MROUND(48054,-2)」と、数値をそのまま指定することも可能です。使う場面は限られますが。

丸める単位には、数字をそのまま入力します。今回は「500単位」で丸めるので、500と入力します。

※セルを参照することももちろん可能です。

負の数にMROUNDを使うときは、丸める単位を負の数にする

上の図では、7行目以降にエラーが発生しています。

丸める対象の数値がマイナスの場合は、「丸める単位」部分の関数を負の数にする必要があります。

今回の場合は、「=MROUND(A7,-500)」とするとうまくいきます。

Excelで負の数に対するMROUND関数の使い方

CEILING関数、FLOOR関数の使い方

500円単位に切り上げるCEILING関数、切り捨てるFLOOR関数も、書き方はMROUND関数と同じです。

  • =CEILING(切り上げたい対象の数値, 切り上げる単位)
  • =FLOOR(切り捨てたい対象の数値, 切り捨てる単位)

ExcelのMROUND関数、CEILING関数、FLOOR関数の結果

なお、負の数の場合にエラーが発生したMROUND関数とは異なり、CEILING関数、FLOOR関数の場合は、対象の数値が負の数であっても、エラーは起こりません。

通常の四捨五入はこちら