今回は、Excelのセルに曜日を自動的に表示させる方法を紹介したいと思います。
カレンダーや出勤表、いろんな資料で曜日が必要になることも多いですが、手動で入力するのは手間です。
さまざまな場面に合わせて、使い分けてみてください。

今回紹介するのは、以下の3つ+1の方法です。

方法1:日付と曜日を1つのセルにだけ入力し、ドラッグ
こんなときに使おう
連続した複数の日付を表示させたいとき(カレンダー、出勤表など)

方法2:日付の書式で曜日を表示させる
こんなときに使おう
・ある特定の日付だけの曜日を表示させたいとき(連絡事項、契約書など)
・連続していない複数の日付を表示させたいとき(日程表など)

方法3:日付をテキスト形式の曜日に変換する
こんなときに使おう
連続していない複数の日付を表示させたいとき(日程表など)

応用編:Weekday関数

方法1:日付と曜日を1つのセルにだけ入力し、ドラッグ

1つ目の方法は超簡単です。例として、以下のようなシフト表を作成します。

Excelの表に曜日を表示させる方法

まず、画像のように日付と曜日を1日だけ入力します。

次に、この日付と曜日のセルを選択した状態で、セルの右下にマウスのカーソルを合わせます。
マウスのカーソルが、「+」のように黒く細い十字に変わったら、下方向にドラッグします。

Excelの表に曜日を表示させる方法 オートフィル 実行中

すると、このようにドラッグした分だけ日付と曜日が自動で表示されます。

Excelの表に曜日を表示させる方法 オートフィル完了

あとは、同じように必要な分だけドラッグします。

Excelの表に曜日を表示させる方法 オートフィル

完成です。超簡単ですね。

Excelの表に曜日を表示させる方法 オートフィル

方法2:日付の書式で曜日を表示させる

方法1では、日付と曜日を違うセルで表しました。
この方法では、「2020/1/1(水)」のように、1つのセルに日付と曜日の両方を含めます。

まずは、日付が入力されているセルを選択します。

Excelの表に曜日を表示させる方法 書式設定

次に、画面上の「リボン」から、「ホーム」→「日付」→「その他の表示形式」を選択します。

Excelの表に曜日を表示させる方法 書式設定 リボン

もしくは、セルの上で右クリックして、「セルの書式設定」でもOKです。どちらの場合でも、以下のような画面が表示されます。

Excelの表に曜日を表示させる方法 書式設定 セルの書式設定方法

次に、「分類」の中にある「ユーザー定義」を選択します。

補足:日付の表示形式

※「曜日の表示」には関係ない箇所なので、以下の内容を知っている方はこの枠内の内容を飛ばしてOKです。

曜日を表示させる前に、この中から、「自分の好きな日付の表示形式」を選択します。

この画像の例では、「yyyy/m/d」と表示されています。これは「2020/1/1」という日付の形式を表しています。

Y:年
M:月
D:日

それぞれのアルファベットの数で、数字の桁数を表しています。

例えば、yyyy/mm/ddにすると、以下のように、数字が足りない場合は先頭に自動的に0がつきます。
2020年1月15日→2020/01/15
2020年5月5日 →2020/05/05

逆に、「20年2月8日」のように、2020年の千の位、百の位を省略することもできます。
yy/m/d ですね。

スラッシュを「年、月、日」に変えても同様です。
※「年、月、日」は、画像の例のようにダブルクォーテーションで囲む必要があります。
※年を元号で表すことも可能です。「種類」のプルダウンの中にあるので、探してみてください。

日付の表示形式を選択したら、「種類(T):」の下の枠にカーソルを合わせます。

「d」の後ろに、「aaa」と記載します。

Excelの表に曜日を表示させる方法 書式設定 ユーザー定義

すると、「サンプル」のように、後ろに曜日が追加されています。

OKを押すと、セルの表示内容が変わっています。

Excelの表に曜日を表示させる方法 書式設定 ユーザー定義 変更後

なお、表示内容はセル1つずつだけではなく、複数まとめて変えることが可能です。

このように、表示内容を変えたいセルをすべて選択します。

Excelの表に曜日を表示させる方法 書式設定 ユーザー定義 書式コピー

先ほどと同じ方法で設定すると…

Excelの表に曜日を表示させる方法 書式設定 ユーザー定義の種類の変更

全部変わっています。

Excelの表に曜日を表示させる方法 書式設定 ユーザー定義の種類の変更 書式のみコピー

曜日の表示形式

なお、ユーザー設定で、曜日の表示形式をいろいろ変えることができます。

dとaaaの間に半角スペースを入れれば、スペースができます。

Excelの表に曜日を表示させる方法 書式設定 ユーザー定義 曜日の表示形式

aaaを括弧でくくれば、曜日も括弧でくくれます。

Excelの表に曜日を表示させる方法 書式設定 ユーザー定義 曜日の表示形式 括弧つき

aaa(a3個)ではなく、aaaa(a4個)にすれば、「○曜日」という表示になります。

Excelの表に曜日を表示させる方法 書式設定 ユーザー定義 曜日の表示形式

aaaではなく、dddにすると、曜日が英語表記になります。

Excelの表に曜日を表示させる方法 書式設定 ユーザー定義 曜日の表示形式 英語表記 短縮形

ddddにすると、略称でない英語表記になります。

Excelの表に曜日を表示させる方法 書式設定 ユーザー定義 曜日の表示形式 英語表記

方法3:日付をテキスト形式の曜日に変換する

この方法は、「ある特定の曜日の場合、どうする」のような、曜日ごとに条件を設定したい場合に便利です。

例えば、以下のような予定表を作りたい場合です。

Excelの表に曜日を表示させる方法 TEXT関数

日付を曜日に変換するには、Text関数を使います。

関数は以下のように書きます。

=TEXT(変換したい日付,”aaa”)

今回の場合は、変換したい日付は隣のセル(上の画像の例では、A2セル)にあります。

Excelの表に曜日を表示させる方法 TEXT関数 書き方

ただしこれだけでは、先ほどの「方法2」でセルを変換した方が速いです。

Excelの表に曜日を表示させる方法 TEXT関数 セルの書式設定 比較

Excelの表に曜日を表示させる方法 セルの書式設定

では、このTEXT関数はなんのために使うかというと、

「ほかの関数と組み合わせたい」ときに使用します。

特に、IF関数のような、「曜日を条件にして表示内容を変える」ときに役立ちます。

例えば、場所を「金曜日ならば場所はアネックス、それ以外ならば本社」としたい場合、曜日をテキストにしていればIF文でこのように表すことができます。

Excelの表に曜日を表示させる方法 TEXT関数 IF関数 組み合わせ

※日付の形式を曜日付きに変換しただけでは、このIF文は使えません。なぜなら、この日付は、見た目を変えただけで実際のデータは変わっておらず、「日付の情報しかない」からです。

Excelの表に曜日を表示させる方法 日付形式のセルは曜日の情報を持っていない

そのため、「曜日を条件に何かしたい」場合は、「曜日の情報をテキストで持っている」ことが必要になります。

なお、関数の「=TEXT(変換したい日付,”aaa”)」のaaaの部分を、書式と同様に変換すると、セルの見た目も変わります。

例:dddにした場合

Excelの表に曜日を表示させる方法 TEXT関数 曜日の書式 英語

応用編:Weekday関数

最後に、Weekday関数について説明したいと思います。

これは、ある日付の曜日を、曜日に対応した数字で表してくれる、というものです。
日曜日(もしくは月曜日)を先頭の「1」として表し、最後の土曜日(もしくは日曜日)を「7」として表してくれます。

書き方は以下の通りです。

=WEEKDAY(日付,数字の表し方)

日付の部分は、日付が記載されているセルを指定すればOKです。

数字の表し方は、入力するものが以下のように決まっています。

1
日曜日:1 ~ 土曜日:7 で表示されます。

2
月曜日:1 ~ 日曜日:7 で表示されます。

※上記以外にもあります。

すると、以下のように表示されます。

Excelの表に曜日を表示させる方法 Weekday関数

あとは、VLOOKUP関数などで、1ならば日曜日、4ならば水曜日などと表示すればOKです。

ですが…、正直これだけならばWeekday関数を使う意味はありません。手間もかかってしまうので。

今のところ思いつく使い道と言えば、「曜日の形式を変更したいとき」くらいです。

例えば、曜日の表記を「金」から「金曜日」に変えたいとします。ですが、表記を変えると、場所も変わってしまいます。本来ならば金曜日はアネックスですが、本社になってしまっています。

以下のD2セル。さっきまで「アネックス」だったが、「本社」に変わってしまった

Excelの表に曜日を表示させる方法 Weekday関数 IF関数 組み合わせ

これは、場所を表すIF文の条件が、

=IF(B2=”金”,”アネックス”,”本社”)

「金」ならば本社 になってしまっているからです。

IF文の条件を「金」ではなく、曜日に対応した数字にすると、曜日の表記が変わっても安心です。

Excelの表に曜日を表示させる方法 Weekday関数 IF関数 組み合わせ

このように、表記を「金曜日」→「Friday」に変えても、場所は変わりません。

Excelの表に曜日を表示させる方法 Weekday関数 IF関数 組み合わせ

まとめ

方法1:日付と曜日を1つのセルにだけ入力し、ドラッグ
方法2:日付の書式で曜日を表示させる
方法3:日付をテキスト形式の曜日に変換する
応用編:Weekday関数

今回はこの3つ+1の曜日を表す方法を紹介しました。いろいろな方法がありますが、みなさんのやりやすい方法でOKです。ぜひとも使いこなして、曜日を自由自在に表してください。