Amazonや楽天で商品を選ぶと目にする「並行輸入品」という文言。なんとなく、お店で販売しているものと違うような印象を受ける方も多いと思います。また、「並行輸入品を避けている」という方もいるかもしれません。

そもそも、「並行輸入品」とはなんなのでしょうか?実際にどのようなものかを説明できる方は意外と少ないかもしれません。

そこで、今回は「並行輸入品とは何か」と、「Amazonや楽天で並行輸入品を買って問題ないか」を説明したいと思います。

Amazonや楽天にある「並行輸入品」とは

並行輸入品とは、「海外のメーカーから直接買い付けたもの」です。ただ、これだけではピンとこない方もいるかもしれないので、図で説明します。

国内正規品と並行輸入品の違い

そもそも、海外ブランドの販売ルートは2種類あります。

  • 海外ブランド→海外ブランドの日本法人(上記図のオレンジルート)
  • 海外ブランド→海外ブランドの日本法人以外の代理店/バイヤー(上記図の青ルート)

シャネル(生産:フランス)の化粧品を例に説明します。

国内正規品:フランスで、「日本向けに」作られた化粧品がシャネルの日本法人に送られる。シャネルの日本法人は、各直販店舗で販売する。

並行輸入品:フランスで作られた化粧品(日本向けに作られたとは限らない)を、日本のバイヤー/代理店が直接フランスで買い付けて輸入する。輸入した化粧品は、さまざまな場所で販売される。

一般社団法人 日本流通自主管理協会における、「並行輸入品」の正確な定義は以下の通りです。

正規代理店ルートとは別のルートで真正品を輸入することです。

海外の有名ブランド品等を、正規代理店以外の第三者が、外国で合法的に製造・販売された商品を外国で購入し、日本の総代理店契約者等の許諾を得ずに、正規代理店ルート以外のルートで輸入する行為を指します。

つまり「継続して輸入され、販売される商品、特に有名な商標(ブランド)の商品はその商標権を持つ外国のメーカーまたは輸出者と、日本の輸入者間の総代理 店契約に基づいて輸入販売されることが一般です。しかし、この商品が、輸入販売に関する正式の契約を結んでいない第三者によって輸入販売されることがあり ます。この第三者による輸入を並行輸入と呼んでいます。」

引用元:https://www.aacd.gr.jp/

つまり…、「並行輸入品」は偽物ではないのか?

国内正規品も並行輸入品も、どちらも本物

結論から言うと、「基本的には」本物です。海外ブランドメーカーは、日本法人の直営店だけではなく、さまざまな会社に商品を卸しています。

このとき卸す商品は、すべて同じものです。そのため、基本的には、国内正規品も並行輸入品も同じ商品、つまり本物です。

「並行輸入品」を扱う悪質業者に注意

おそらくほとんどの業者は、海外から直接輸入した「本物」を販売しているものと思います。しかしながら、偽物のブランド品を販売している悪質な業者がないとも限りません。

もしくは、意図せず偽物が混入されてしまうケースもあります。「第三者の代理店・バイヤー」は1社だけとは限らず、メーカーから消費者に届くまでに、複数の会社を経由する場合があります。複数の会社を経由している間に、偽物が混入してしまうケースがあるようです。

Amazonや楽天で購入する場合は、商品ページの注意書きやレビュー欄に注意して見てください。

並行輸入品のメリット

並行輸入品のメリットは、ズバリ「安い」ことです。並行輸入品には、以下で説明する、「国内正規品が値下げされない理由」に縛られないため、仕入れ価格によって自由に値段設定することが可能です。

国内正規品のブランド品は、基本的には値下げが行われることがありません。

国内正規品が値下げされない理由:

  • ブランドイメージを守るため
  • 契約により、小売価格が決められているため

    メーカーから直接買い付けられたブランド品は、その価値を守るため、価格はほぼ一定です。

    一方、並行輸入品は、仕入れ時に値付けに関する契約がなされなかった場合、値段は仕入れ値によってバイヤーが自由につけることが可能です。円高の場合には、安く仕入れられる可能性もあります。

    そのため、並行輸入品は直営店が扱う正規品と比べ、安いことが多いです。

    並行輸入品のデメリット

    一方、並行輸入品のデメリットは以下の通りです。

    並行輸入品のデメリット:

    • アフターサービスなどの特典が受けられない場合がある
    • 日本正規品と、品質が異なる場合がある

      ブランド品のアフターサービスなどの特典は、「正規品であることが条件」であるブランドも存在します。特に、時計が壊れたときの修理費用が、「並行輸入品だと高くつく」といった場合もあるようです。

      また、品質についても正規品と異なる場合があります。例えば小さい傷がないか、などの検品は、並行輸入品の場合は販売業者によって左右されます。

      品質が問題ないかどうかについても、購入前にレビュー欄などでチェックするといいですね。

      化粧品の場合は特に注意が必要です。「国内正規品」とは使っている成分が異なる場合もあります。その場合でも、日本の薬事法に合う範囲内なので、問題がないといえばないです。ただし、敏感肌の方など、成分が気になる方は注意したいポイントですね。

      並行輸入品がおすすめできる人と、できない人

      並行輸入品がおすすめな人は以下の通りです。

      並行輸入品がおすすめな人:

      • とにかく安いほうがいい人
      • アフターサービスがなくてもいい人

      繰り返しになりますが、並行輸入品は安いのが一番の魅力です。アフターサービスなどの特典が不要、使い切りで問題がない方にとっては、並行輸入品がおすすめです。

      一方、以下のような方には並行輸入品はおすすめできません。

      並行輸入品がおすすめできない人:

      • 充実な保証を求める方
      • 心配性な方
      • (化粧品の場合は)敏感肌な方

        並行輸入品のデメリットでも書いた通り、正規品と比べると特典が充実していない場合があります。そのため、手厚いアフターサービスを求める方は、直営店で購入した方がいいでしょう。

        「偽物だったらどうしよう」と心配性な方も、直営店で購入した方がいいですね。直営店で扱う商品が偽物である可能性はまずないと思われるので、安心ですね。

        また、化粧品の場合は、肌荒れなどが気になる方は、並行輸入品ではなく直営店で、実際に試してから購入した方がいいかもしれません。

        薬事法に引っかからない範囲とはいえ、国内正規品とは成分が若干異なる場合があることから、「並行輸入品だと肌に合わなかった」ということがないとは言えません。

        まとめ

        正しい知識と販売店を見分ける力さえ身に付ければ、ブランド品が安く手に入る並行輸入品。並行輸入品も、「本物」であることは間違いないので、レビュー欄をチェックしつつ、Amazonや楽天で購入してもOKです!

        ※本記事は、「Amazonや楽天で販売されている商品の中に偽物が混入されていることはない」ということを保証するわけではありません。購入は自己責任でお願いいたします。

        Amazonの出店店舗の見分け方

        「変な業者から買うのは嫌だから、Amazonプライムで買っている」という方も多いと思いますが、実はAmazonプライムだから変な業者ではない、というわけではありません。

        Amazonプライムでも安心できない!3種類の出品者を見分けて悪質出品者をうまく避けようでは、Amazonに出品している業者の見分け方を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。