インターネットを使ったビジネスが増えている現代社会の役に立ちたいと、IT業界への就職・転職を志す人も多くなっています。

しかし事前に備えておくべきスキルを知っておかないと、IT業界に入ったことを後悔するかもしれません。

そこで今回はIT業界未経験で、事前にスキルを備えておきたい人のために、IT業界への就職前に知っておくべきスキルをまとめます。

新卒と転職にわけて紹介するので、自身の状況に合わせて備えましょう。

IT業界にはさまざまな仕事がある

必要なスキルを学ぶ前に大切なことは、IT業界にはさまざまな職種があることを知っておきましょう。それを踏まえて自身がやりたい仕事のチェックが大切です。

IT業界の仕事は、エンジニア系営業・コンサルタント系マネジメント系開発・研究系と4つにわかれます。

エンジニア系はシステムを実際に作る仕事です。IT業界といえばこの仕事をイメージする人が多いでしょう。実際にIT業界の求人では、もの作りというIT業界の根本的な役割であるエンジニア系が多いと言えます。

しかしエンジニアに限らず、完成品の宣伝や普及活動に努めるには営業やコンサルタントの力が不可欠です。システムの開発開始から商品化までスムーズに進めるためのまとめ役として、プロジェクトマネージャーのようなマネジメント役も大切です。

新しい商品に必要な技術やアイデアを現実化させるためには、開発や研究部門の力も借りる必要があります。

自身がIT業界に入るにあたり、どのジャンルの職種を目指しているかをはっきりさせることが大切です。

基本的なIT知識は新卒と転職どちらも大切

新卒と転職、どちらもIT業界へ入るなら基本的な知識を学びましょう。

ITでは基礎知識のジャンルが5つにわかれます。

  • ソフトウェア
  • ハードウェア
  • データベース
  • ネットワーク
  • セキュリティ

どれもインターネット関連の技術で欠かせません。

以上の知識が深ければ深いほど、就職または転職市場において貴重なアピール材料になります。しかし、学業や転職前の仕事などで忙しいなか、学び方がわからない人もいるでしょう。

そこで役に立つのが基本情報技術者試験です。国家資格試験の一種であり、合格を目指して学びを重ねれば、IT業界で仕事を進めていく自信につながります。

基本情報技術者試験では、IT業界で必要な知識の大部分が出題対象なので、効率よく学ぶうえで効果的です。勉強を重ねるほどIT業界で大切なスキルも上達していきます。

未経験であれば、まずは基本情報技術者の取得を目指しましょう。

IT業界の具体的な仕事内容

上で挙げた5つの技術に共通して、IT業界では仕事内容が大まかに以下の5つに分けられます。

・要求分析・要件定義
クライアントが「どのようなシステムを作りたいのか」をヒアリングし、汲みとります。予算のことを加味しながら考えなければならないため、どの程度のシステム開発が可能なのかをしっかりとクライアントに伝えなければなりません。

・基本設計
システム画面の表示・操作方法からどのような機能が必要かなど1から設計していきます。年齢や性別など、それぞれのクライアントに最適な設計を心がけます。

・詳細設計
基礎設計で決めた内容をより細かく設計していきます。具体的には、プログラミングの際にどのような技術を使うかなどです。また、場合によってはSEがそのままプログラミングを行うこともあります。

・開発
設計内容を元にして、実際にプログラミングを行いシステムを作っていきます。「IT業界」で最もイメージされがちなプログラマーの仕事は、これに当たります。

・テスト
プログラマーによって作成されたシステムが実際に正しく機能するかなどをチェックして完了です。

新卒はコミュニケーションスキルが大切

新卒はIT業界に入るにあたり、コミュニケーションスキルを備えましょう。システム構築のスキルは、実際に仕事をしないと身に着けづらいこともありますが、コミュニケーションスキルであれば今からでも鍛えることができます。

IT業界ではさまざまな場面で高いコミュニケーション能力が重要です。たとえば顧客との商談や開発チームとのミーティングでも、自身の意見をわかりやすく伝える必要があります。

IT業界には多くの専門用語があるので、意味を知らない人でもわかりやすく伝える工夫が大切です。

ほかにもシステム要件や顧客の希望などを知るためのヒアリング、仕事の完成を目指すための提案、トラブル報告など、コミュニケーションはさまざまな場面で重要です。

コミュニケーションはビジネスにおいて基本的な要素なので、実務経験から必要なスキルを学ぶOJTでもある程度は習得できます。しかしITの仕事ならではのコミュニケーション方法も多く求められるので、エンジニア向けのコミュニケーション講座や専門の書籍などから学ぶことも大切です。

関連記事:コミュニケーション能力とは何か IT業界において「コミュ力が高い」を思わせる4つのスキル

転職者は自発的にプログラミングスキルを学ぶ習慣を

IT業界に未経験で転職する人も多くいますが、自発的にプログラミングスキルを学ぶことが大切です。

プログラミングスキル自体は、未経験者の学習サポートやプログラミングスクールでなので学べます。しかしサポートやスクールだけで満足せず、学んだことを実践に生かすためにオリジナルアプリを複数作るなど、転職時の面接や仕事現場でのアピールを意識しましょう。

IT未経験者が転職後につまずく要因に、予備知識のなさが挙がります。IT業界には未経験者向けの技術研修がありますが、この内容だけで専門技術を使った仕事を進めるには限界があります。雑務や低次元の仕事しかもらえない結果、キャリアアップのチャンスを逃す可能性に注意です。

以上の事態を避けるためにも、転職前から自発的にプログラミングを学ぶことが大切です。スキルも大切ですが、自発的に学ぶ習慣を定着させることで、IT系の職場でも積極的に場を動かす存在として高い評価をもらえる可能性があります。

また、一旦転職しても、日々プログラミングやその他のIT知識を学び続けることが大切です。

IT業界は技術が日々進歩しているので、最新の技術をより素早く取得し、業界の流行に遅れないようにする必要があります。

関連記事:IT業界で必要なスキル プログラミング力よりもっと必要な3つのこと

ITスキルを習得する方法

ITスキルは、以下の場所で学ぶことが基本です。

  • プログラミングスクール
  • 会社の研修
  • 実際の仕事

これ以外にも、自分でアプリを作りながら独学をしている人もいるかと思います。

独学する際には、「Udemy」のようなオンラインスクールも存在します。さまざまなコースがあり、より効率よく学習を進めることができるので、ぜひチャレンジしてみてください(外部リンク)

まとめ

新卒や転職者などIT未経験者がその業界に就くには、相応の基礎知識やスキルを学ぶことが大切です。

まずはITに対する基礎知識を資格勉強などでひととおりマスターしましょう。また、コミュニケーションスキルを養うことも大切です。

転職者の場合も、プログラミングスキルを高めることで、キャリアアップの可能性を上げられます。

仕事に就くことを目的とせず、IT業界で必要なスキルをマスターすることが重要です。